ドラマシアターども

ドラマシアターども

江別駅を出てすぐ右側をまっすぐ進むと、
レンガで作られた四角いちょっとレトロな感じの建物があります。
看板には大きく「ドラマシアターども」と書かれています。

ども
ドラマシアターども:ギャラリーで絵画を鑑賞しながらお茶が楽しめる


ここでは安念智康さん(演出の時は「ども」というニックネーム)を筆頭に、
演劇、喫茶、ギャラリーを行っており、
自身が作った劇団の練習場所でもあるのだそうです。

「ども」は安念智康さんのあだ名で、
喫茶店の名前である「ドラマシアターども」は、
安念さんが運営している劇団の名前でもあります。


安念さんの劇団活動や公演などのイベントは、
江別市2条1丁目の「アートスペース外輪船 」と呼ばれる
古い煉瓦作りの旧岡田倉庫で行われています。

ドラマシアターどもの歴史とメニュー

ドラマシアターどもは、もともと野幌駅前の
レンガ作りの倉庫からスタートしたのだそうです。
それから馬小屋へと移り、その後に現在のこの場所へと落ち着きました。

この建物は江別駅前で歴史を重ねてきた、
もともと郵便局だった建物を買い取って全面改装したのだとか。


人通りも少ない場所で客はくるのかと心配したのですが、
イベントのときには結構人は入るようですが、
やはりふだんの日に客はあまり来ない様子です。

しかし、ここでの売りとも思われる喫茶店(喫茶ども)ですが、
どうやら安念智康さんの奥様である、優子さんの手作りケーキが美味ということで、
なかなか好評なのだそうです。


ほかにもメニューはご飯物や麺類など、いろいろ取り揃えてありました。

そして、喫茶どもの奥のギャラリー(ギャラリーども)では、
油・水彩・立体・漫画など、個性豊かなさまざまな作品が展示されていました。


このドラマシアターどもは、いずれは江別の観光名所となるのではないかという、期待は持てるようなところです。

ドラマシアターども
所在地  江別市2条2丁目7の1
営業時間 午前10時から午後7時
定休日  月曜日

▼江別市でのホテルや旅館、宿泊施設を探すなら▼

「じゃらん」から宿泊予約すると、宿泊料金の2%がポイント還元されるのでお得です^^


>>【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!


| 観光スポット


>>【じゃらん】 北海道のホテル・宿の予約

じゃらんで宿泊費2%お得!

【じゃらん】
北海道のホテル・宿の予約

江別市近郊のレンタカーなら

レンタカー予約をする!

江別市ナビは、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ