江別郷土資料館

江別郷土資料館

江別第三小学校の向かいにあるレンガ造りの建物、
それが「江別郷土資料館」になります。

この資料館は、もともとは市民の集いの場所であった旧中央公民館を改築し、
平成3年4月10日に郷土資料館として生まれ変わり開館されました。

江別郷土資料館
江別郷土資料館:北海道の先史を知る上で重要な出土品が展示されてます


資料館の中にはふるさとである江別、そして大昔の江別時代から開拓の始まりや、
江別の町の発展、さらには産業の歴史などの興味深い情報がたくさんあります。

江別市の発展に寄与したと言われる明治11年に入植した屯田兵の資料から、
古くは縄文時代における土器や北海道式古墳のジオラマなどが展覧できます。

さらに、重要文化財である、江別太遺跡出土品などの資料や展示物も一同に介しています。

まさに、先史8500年前から今現在に至るまでの歴史や文化遺産が公開され、
後世の私たちに伝えてくれています。

江別郷土資料館の展示品

大別するとこ、5つのカテゴリに区分され展示されています。

  • 続縄文時代の重要文化財江別太遺跡出土品
  • 重要文化財 元江別1遺跡土壙墓出土品
  • 考古資料
  • 民俗資料
  • 歴史資料

その展示総点数は約2500点で、
その中でも特に歴史的にも価値の高い土器は、
約400点余りのもの数を展示されています。

特に「江別式土器」は、続縄文時代の中で、
北海道特有の文化として発展したものであり、
歴史の変遷に伴い、その特色や土器細部の様子が、
徐々に発展していくのが分り、当時の文化の発展の様子を伺うことも出来ます。

こうした多種多様な土器をじっくりと観察できるのも、
江別郷土資料館ならではの楽しみのひとつです。

まさに、考古学好きな人には、オススメの観光スポットの一つと言えますね。


また、資料館の中には世界の蝶を多く展示されているコーナーもあり、
その数は500余りと実にさまざまです。

しかし、「なぜここにこんな数多い蝶が展示されているのか?」
それは疑問のままでした。

江別郷土資料館
所在地:緑町西1丁目38
時間:午前9時半から午後5時(入場午後4時半まで)
休館日:月曜日・祝日の翌日・年末年始
料金:大人200円 小中学生100円
   郷土資料館・屯田資料館共通券 大人240円 小中学生100円

▼江別市でのホテルや旅館、宿泊施設を探すなら▼

「じゃらん」から宿泊予約すると、宿泊料金の2%がポイント還元されるのでお得です^^


>>【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!


| 観光スポット


>>【じゃらん】 北海道のホテル・宿の予約

じゃらんで宿泊費2%お得!

【じゃらん】
北海道のホテル・宿の予約

江別市近郊のレンタカーなら

レンタカー予約をする!

江別市ナビは、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ