歴史と文化

歴史と文化

江別市のはじまりは明治4年、宮城県の桶谷領からやってきた農民(21戸76人)が、 この土地で生活を始めたことがスタートだとされています。

そして7年後の明治11年、さらに屯田兵(10戸56人)が移住し始め、
それがきっかけとなり同年、明治政府から開拓使府令が布達され、江別村となったのです。

さらに大正5年には江別町に昇格となったのですが、
主な理由としては、各地から屯田兵が入地し、
計画的な開拓がすすめられたためだと言われています。

そしてついに、昭和29年に市制が施行され、江別市の誕生となりました。


昭和30年代後半から40年代にかけては、
江別市は札幌市の人口集中の影響を受け、人口が急激に増え始めます。

さらに、昭和24年に開学の酪農学園大学をはじめとした、教育施設の立地、
道立図書館、道立教育研究所、そして江別市第一工業団地の整備などによって、
江別市は道央圏の中核都市としての地位を築きあげたのです。


その後、平成3年、人口は10万人を突破、平成16年には市制施行50周年を迎え、 近年平成18年4月の人口数は、約12万3千人、5万1千世帯とまでなりました。

江別市とレンガ文化

こうした江別ですが、実はレンガの生産率は日本でも一位だといわれています。

レンガの住宅
江別市のレンガ造りの市営住宅


江別市は別名「レンガの町」とも言われ、
町の中には自慢の赤いレンガを使った歩道、小学校、市営住宅から、
電話ボックス、バスの停留所、駅前にはレンガの噴水などがあります。

レンガ造りのバス停
バス停までが、レンガ造りになっているところも


札幌市では「サッポロビール工場」や「北海道庁旧庁舎」もこのレンガが使われています。

そもそもれんがの町となるきっかけは、「江別太煉化石工場」にあるとされ、
当時の北海道は、各地で建造物の素材にれんがが大量に使われ、
れんが工場もたくさんあり、その中心が野幌だったのです。

しかし、創業の時代が落ち着いていくと、
それに比例してれんが工場の数も次第に減っていき、
野幌は現在道内で、唯一のレンガ生産地となりました。

そして、今では、そのレンガの生産量は日本一となっているのです。

▼江別市でのホテルや旅館、宿泊施設を探すなら▼

「じゃらん」から宿泊予約すると、宿泊料金の2%がポイント還元されるのでお得です^^


>>【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!


| 江別市について


>>【じゃらん】 北海道のホテル・宿の予約

じゃらんで宿泊費2%お得!

【じゃらん】
北海道のホテル・宿の予約

江別市近郊のレンタカーなら

レンタカー予約をする!

江別市ナビは、個人が運営するホームページです。

掲載する情報は厳重精査しておりますが、掲載情報をご利用された場合に発生したいかなる不利益・損害も当方では一切責任を負いかねますので、ご容赦下さい。

サイトマップ